随分前から思っていたことですが、自称ネットリテラシー高いと思い込み叫んでいる人って、ネットマナーがすごく悪い人が多いんですよね。

「ネットリテラシーうんぬん言う前に自分のネットマナーを見直してみては?」と思うこともあるのですが、本人たちは全く気づいていないのです。

なぜなのだろう?って考えてみたのです。

【ネットマナー】とは
ネットでの対人マナー(一昔前はネチケットと呼ばれていた)

【ネットリテラシー】とは
インターネットを理解し正しく利用できる能力。

ネットマナーとネットリテラシーを調べてみました。
似ているようで別物なんですね。

なぜネットマナーが悪いのかを考えてみたのですが、「他者を受け入れる度量」がないんですよね。

 

ネットリテラシーの方ばかりに目が言ってしまい「自分が正しい」と思い、「あれはダメ」「これはダメ」と他人の悪いところばかり目がいってしまう。自分の行為は客観的に見れないのです。
そういう人を観察しているとネットリテラシーだけではなく、政治や時事ネタにも批難ばかりしている人が多いです。

自分の投稿だけならまだしも、他人のコメント欄で長文でいかに自分に正当性があるのかを書きなぐっているのを見ると残念な気持ちになってしまいます。(わたしのところでもされたことありますが本当に迷惑です)

本当は心が満たされておらず「批難だけしたい人間」なのかもしれないな、と思うときがあります。

 

ネットリテラシーもネットマナーもどちらも大切

ネットリテラシーも大切ですし、ネットマナーも大切!

どちらも大切なことには変わりはありません。
だから個々に考えないといけない問題だし、勉強していかなきゃならないと思う。

でもね、思った以上に自分自身も出来ていないものですよ。持ちつ持たれつ、許し合うことも必要だし、豪語するならネットマナーもちゃんとしろって話です。説得力ゼロだもん。

ネットリテラシーもネットマナーもそれなりにちゃんと出来ている人って他者に対して口出ししません。意見をしたい場合はコメント欄ではなく直接メッセージで教えてあげるでしょう。ちゃんと他人から見られていることも意識して相手のことも考えてあげることも大切ですよね。

 

そして「自分は完璧にできているわけではない」こともわかっているし、ネットリテラシーを叫ぶほど気になるならSNSやらなきゃいいってわかっているからです。

「SNSをするということを選択しているのは自分」であるということ、様々な人間が存在していることをちゃんと理解していると思うのです。

 

「自分は正しい」と思っていることが一番危ないことです。自分の正義を持つのはかまいませんが、正義は押しつけた時点で正義ではなくなりますから。

わたしも気をつけたいと思いますm(_ _)m