両想いになって交際が始まって、最初はラブラブだったのにいつの間にか当たり前の存在となり倦怠期に突入…なんてことになっていませんか?

両想いはね、お互いの「片想い」と「片想い」が成立して、初めて「両想い」になるんですよね。

 

「片想い」+「片想い」=「両想い」

 

どちらかが「片想い」ではなくなると「両想い」という答えが出せなくなります。

だから、両想いだからって気を抜いちゃダメなんですよね。
だってお互いの片想いがくっついてるだけなんですもの。

片想いしている時、大好きな時って、相手のことをいつも一番に考えて気遣いますよね。その気遣いがなくなったとき、きっとその人の片想いは終わりなのかもしれません。

 

片想いしてる時間って自分の中で大切な時間だったりしませんか?
もしそうなら、片想いしている時間を大切にしてください。

お互いに片想いの時間を大切にしていけば、きっと両想いの時間も大切にしていくことになるのだと思います。