2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

天邪鬼の扱い方~あまのじゃくは本当にあまのじゃくなのか~

天邪鬼な男性と話していると「本当は素直な人だな」って思うことが多いんですよね。

天邪鬼であることをそのまんま受け入れてあげて「ハイハイ、天邪鬼だもんね」って余裕持って相手していると、相手もだんだん「この人には見破られているな」とか「天邪鬼やっていても意味ないな」と気づいて観念するのか、そのうち素直に話してくれるようになります。

 

天邪鬼にさせているのは自分かもしれない

そう考えると、本当は相手が天邪鬼なんじゃなくて、自分の対応が相手を天邪鬼にさせているのかもしれません。

いちいち反応してイライラしてませんか?
「なんだよコイツ、あまのじゃくだな!面倒くさい!」って思ってませんか?

そう思っていることが相手に伝わって相手は天邪鬼のままなのかもしれないですし、もしかしたら類友の法則で、自分だってあまのじゃくかもしれません。

 

あなたも天邪鬼でお互いに素直になれなくて天邪鬼ごっこをしていたり、逆に男性が甘えすぎていたり、信頼できない(素の自分を出せない)から素直に言わないのかもしれません。

正反対の言葉を言ってしまったりしているだけで、素直に見えないようでわかりやすい素直さだなぁといつも思います。

 

言葉ではなく行動をみてあげて

だって行動を見てると言葉なんて正反対でも何が言いたいかわかります。
イライラしてしまう人は、言われた言葉ばかり気にして相手の行動をちゃんと見ていますか?

行動をみて理解してあげないから信頼されないのかもしれません。

 

たまにね、天邪鬼な相手が会話の最中に素直になったときにちょっとした意地悪で「天邪鬼なんだから、天邪鬼のままでいいよ」って態度を示すと、天邪鬼だから素直であることをやめなかったりして面白いですよ(笑)

素直なままかっ!天邪鬼じゃねーのかよっ!って(^^)

相手の天邪鬼に振り回されるのではなくて、相手の天邪鬼な性格を使って逆に素直にさせちゃうってのも楽しんで出来ちゃいますよね(笑)

 

相手を選んで天邪鬼になるし、素直にもなる。
人は相手によって態度やキャラが変わるのものですから、ずっと天邪鬼な人はいないんじゃないのかなって思っています。

天邪鬼に限らずね、
相手の態度は自分の態度や実力次第なのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる