2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

日常から仏性を見いだせるようになること

デザイン仕事がとても忙しいので当分ブログをお休みしようと思っていましたが、ちょこっとだけ息抜きになるので書いています。

最近のわたしのブログは自分の日常のことや勉強したことなどを話題にして書いています。
だから、読んでいてとてもつまらないと思います(笑)

昔は毒舌気味でズバズバ物申すみたいな感じでした。
そんな風に記事を書くとたくさん拡散されて、多くの人に読まれました。

でもそんな記事をずっと書いていくうちに、あることに気づいたのです。

そういう記事には「よくぞ代わりに言ってくれました!」というスッキリしたいだけの人が”その時だけ”読みに来ることが多く、全体的に行儀が悪い人や盲信しがちで依存系の人たちの読者が多いことに気がついたのです。

そして、このままこういう環境の中でブログを書いていくと自分の頭が悪くなるなと思いました。

言葉遣い・口が悪い人はその態度に人間性があらわれています

自分も伝える努力はもちろんします。それと同じくらい、わたしの伝えたいことを丁寧に受け取ってくれる人が集まってくれるといいなと思い始めたのです。

そして、少しずつ、少しずつ、今のような口調・スタイルになっていきました。
それに伴い、読んでくれる人も本当のファンやわたしに興味がある人だけになっていきました。

でも、それでいいのです。

いま考えると毒舌でズバっと物申す系の記事を書いていた時代は、わたしも今よりもずっと内面が幼かったように思います。あの頃の文章は、あの時代のわたしの内面そのものだったのだなと思いました。

そして、経験上、文章の言葉遣いが悪い人で中身や行動が伴っている人はあまりいないように思います。

たまに「言葉じゃないよ」という人がいます。
「字面ではないよ」という意味であれば、正解です。

でも、字面には書き手の人間性が出ることも忘れてはなりません。

その言葉は普段から言葉遣いが良い人(悪口を言わないとか、相手を傷つけないように配慮ができる人)がいえる言葉であって、これらを言う人は大概、普段の言葉遣いが悪い人たちです。

今はもう、伝わる人にだけ伝わればいいなと思っているし、日常の何気ないものから仏性を見出すことを大切にしています。

受け取り側も仏の眼で読んでくれれば、何気ない文章でも仏性を見つけられると思っているから、何気ないことも書いていこうと思いました。

ある意味これは挑戦で、読者に対して「仏の眼で読む努力をしてね」と投げかけていることになります。書き手と読者がお互いに仏性を磨くために切磋琢磨し合える関係を心地よいと思っていただけたらいいなぁと思うのです。

今のわたしの考え方や価値観を理解してくれる人も世の中にはいるはず。
そういう人たちと愉しくやっていきたいのです。

だから、わたしは常に”今のわたし”をブログで表現していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる