Zoomオンラインお話会 テーマ「宇宙・スピリチュアル系」詳細はこちら

『見るマインドフルネス<人生を変える26のエクササイズ>』翻訳書発刊のイベントに寄せて

講演会もとうとう明日となりました!
本日は講師である内田若希さんからコメントをいただいております。

目次

『見るマインドフルネス<人生を変える26のエクササイズ>』翻訳書発刊のイベントに寄せて

「最後に空を見上げたのは、いつだっただろう」

病室のベッドに横たわり、傍の大きな窓から空を眺めながら(ついでに言えば点滴につながれながら)、そんなことを思いました。

幼い頃から、空を見るのが好きでした。ただボーッと空を見上げていることもあったし、風に流され形を変えていく雲を見るのも好きでした。でもいつからか、日々の忙しさの中で、空を見上げる時間が失われていったように思います。

「あー、倒れそう…。いや、むしろ倒れてしまいたい…」

出張から疲れ果てて帰宅し、そのまま玄関先の床に倒れこんだ夜、そんなことが頭をよぎりました。いつも心身ともに張りつめていたように思います。最終的には救急車で運ばれ緊急入院。すべてが強制終了した私は、期せずして大好きだった空を見上げて過ごすこととなったのです。そして私は、身体の不健康さとは反対に、穏やかな心を取り戻していきました。

それから半年後、この書籍と出会いました。表紙の美しい空の写真に惹きつけられ、そして内容を読んで、子どもの頃から私がしてきた「見て感じる」ことが、心を満たすエネルギーで溢れていたことを知ったのです。だからどうしても、この本を翻訳したいと思わずにはいられませんでした。

私はマインドフルネスの専門家ではありませんが、“Self/ I(自己概念)”や“心理的well-being(幸福感)”を学術的なバックグラウンドとしています。当日は私の学術的バックグラウンドと実体験をふまえながら、原書“see your way to mindfulness: Ideas and Inspiration to Open Your I”に込められた想いを、翻訳者として読み解き、語らせていただければと思っております。また、一般的なマインドフルネス瞑想や禅の思想などとも関連させながら、私なりの考えをお話しさせていただきたいと思います。

『見るマインドフルネス』…この本は、「見て感じる」ことで、みなさんの日々の彩りを豊かにするための心の素地を作るエネルギーに満ちています。そして読み終えた後、きっと実践してみたくなる。日常の中でいつの間にか実践している自分に気がつく。そんな不思議な本です。

明日、みなさんとお目にかかるのを心待ちにしながら。

皆様、心よりお待ちしておりますm(_ _)m

【お席に関してのご連絡】
講演会・パーティーも【残り2席】となっております。
当日飛び込み参加ご希望の方は10時半以降にヒューマン・ギルド(TEL:03-3235-6741)にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる