Zoomオンラインお話会 テーマ「宇宙・スピリチュアル系」詳細はこちら

みかんの木とアゲハ蝶

母と会ったときは色々な話をします。
先日はこんな話を聴きました。

母はいま、みかんの木を育てています。
苗から育ててやっと葉がついた頃、一晩で葉っぱが全てなくなってしまった。

ものすごいビックリ!
よく見るとアゲハ蝶の幼虫がいたのだそうです。
その幼虫は無事にサナギから蝶になり、旅立っていきました。

「あぁ~食べられちゃった」と思ったけど、めげずに育て続けました。

みかんの木にまた葉がつきました。
そして幼虫に食べられ、蝶になり旅立つ。

これを繰り返しました。

母もわたしと同じように研究者タイプなのでアゲハ蝶のことを調べたそうです。
どうやらね、安心できる産卵場所を見つけると戻ってくるらしいのです。

幼虫から蝶になり旅立って、安心出来る場所・自分が生まれた場所に帰ってきて卵を産む。その子供が幼虫から蝶になり旅立って、帰ってきて卵を産む。

繰り返しです。

それを知ってから母は幼虫に食べさせるためにみかんの木を育てています。
とてもとても大切に。

やっぱり母はすごいなぁと誇らしく思いました。
そして、わたしと母の求めているものは同じなのだなとも思いました(^^)

自分の得をえることばかりを考えて動くより、相手の得を考えて動くと、
自分にも大きな得や感動がえられることを無意識に知っているようです。

最近わたしの周りに蝶がよく現れるのは母のおかげかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる