先日のイチローさんの引退会見をリアルタイムで視聴させていただきました。
引退会見とかあまり興味がないほうですがイチローさんはどうしても見たくなりまして。

とても良かったなぁ。
泣いたし、笑ったし、とても人柄がよく伝わる素晴らしい会見でしたね!

イチローさん、おつかれさまでした。
数々の感動を与えてくれて、本当にありがとうございます。


イチロー選手の引退会見
※文章よりも非言語コミュニケーションも観て欲しいので動画をリンクしました

メッセージ性の高い会見でしたがTwitterやSNSを読んでいると感動した言葉が人それぞれ違っていて面白いなぁと思いました。

心に響く言葉というのは自分が一番大切にしていることや、逆に出来ていないところだったり、同じ経験をして共感できる部分なのだろうと思います。

 

孤独感を抱えることで新しい自分に出会える

そうだよなぁ~と共感するメッセージはたくさんあったのですがわたしが一番響いたのは、実は「孤独感」に関してのコメントでした。(弓子夫人への労いの言葉とワンちゃんのお話も素敵でした)

イチローさんはアメリカにきて外国人になったことで人の心お慮ったり痛みを想像したり、今までなかった自分があらわれたと言っていましたが、わたしの場合はアドラー心理学の世界に触れたことがそうでした(一番近い過去の話だったのでその話題が一番心に響きました)

 

最近ブログを整理しているのですが、心理学を学ぶ前のこと。周りの人間から「学ぶ必要があるのか?」と色々な方から言われたと書いてありました。

それでもわたしはやる!と決めて学び始めたわけですが、心理学なんて必要のない人間が心理学の世界に触れた時、まさに外国人となって新しい自分に出会えたのです。

イチローさんと比べてしまったらこちらは些細な規模かもしれないけど、わたしもちょっと前まで似たような気持ちだったから、なんとなく共感できたのです。

 

それまでのわたしの周りには「好きなもの教」がたくさん居たように思います。好きな人とだけ付き合おうとか、好きなものに囲まれようとか、好きな仕事をしようとか、とにかくできるだけ好きなものに囲まれようという考え方です。

わたしも一時期はそう思った時期もあったけど、次第に違和感を感じていきました。行き過ぎると、嫌いなものは排除するという考え方・態度だったからです。

 

好きなものに囲まれることが必要な時期があるのだと思います。
ただ、わたしはそういう時期は終わっていて、その先にある極力排除のない世界に行きたいと思ったから。

 

本当に心に余裕があって、自分の力を信じることができたら
例えば、ネガティブな人の集団にポジティブな人がポツンと入ったとしても、本当に実力があるのならその人は集団に染まらずそのままポジティブな人なんじゃないかと思ったから。

汚泥に咲く蓮華のように。

関わり合いを怖がるのは、きっとその人が染まってしまうと自分の力を信じていないからだろうと思ったからです。

 

「どんな世界にいってもわたしは変わることがない!」

そういう気持ちで自分とは真逆の世界と関わっていこうと決めて、心理学の世界に触れることになりました。

 

心理学がきっかけで今まで会うこともなかった価値観の真逆な人たちとたくさん出会いました。(勘違いして欲しくないのは心理学の世界だからというわけではなく、どこの世界にも一定数いるものです。仕事柄、関わる頻度が多いということです)

トラブルにも巻き込まれたし嫌なこともありました。
わたしの思い込みではなく、実際に被害を受けていました。「なんでこんなことするんだろう?理解できない、、、」そう思うこともありました。

価値観が真逆な人間と関わるのですから、そうなるのも当然かもしれませんし、わたしがそういう人達と関わってこなかったため経験不足でそうなったこともあるでしょう。

でもそれらの経験で孤独感で苦しんで、実際に体感したから色々な気づきを得ることができました。

 

コンフォートゾーンを広げていく生き方をしていきたい

好きな人とだけ付き合うとか、価値観が似たような人と仲良くするのは構わないけど、そればかりになると逆に新しい自分に出会うことも価値観を広げることもできないというのも体感してわかりました。自分のコンフォートゾーンを壊していけないのだから。

好きに囲まれて生きるというのはそういう弊害も生まれるということを知りましたし、ポジティブな世界で生きる人もネガティブな世界で生きる人も実はエゴの使い方が違うだけで似た世界なのだと気づいたのです。

 

現段階では、元気なときは違うものを受け入れようとしたり価値観を広げていく。上手くいかない元気がないときは好きな人に囲まれパワーチャージしていく。
バランスよく使いこなしてコンフォートゾーンを広げていく生き方がいいのだと思っています。

孤独感を味わうってある意味、新しい世界に挑戦していることでもあるし、コンフォートゾーンを打ち破るために自分と闘っている最中。

わたしはこれがわかったときに自分の孤独感の正体を知ったし、孤独でいいのだと思えました。受け入れたら孤独感が薄れたし、孤独ではなくわたしの場合は「孤高」なのだと気づいたのです。

イチローさんは「今はもう孤独感はないです」と言っていましたが、わたしもハッキリと言えるようになりたい。自分的には後もう少しです。

最近やっと魂の結びつきが強い仲間と出会うことが多くなり、本当の意味で理解者が増えてきたかも、、、と思えます。

 

イチローさんも「人望がない」と言いましたが、孤独感を味わった人の言葉だなと思いました。本当に自分には人望がないと思っているんだろうなぁと思います。

わたしも周りからは人気者とか顔が広いとか愛されキャラとか言われるのですが、毎回言うのが「自分は人望がない」です。心から人望がないと思っていて、どうしたらみんなわかってくれるだろう?って困っちゃうんです。

きっと、そう思うのは孤独感を経験しているからなのかもしれません。

 

上手な愛し方で愛され上手になる!パートナーシップ講座
2019年4月20日(日)12:00~18:00【新宿開催】
定員6名※残席5名 詳細はこちら
アドラー心理学講座【熊谷カルチャーセンター】
アドラー心理学<超入門>講座
第1金曜日 13:00~14:0021日スタート!
ご予約・お問い合わせは 熊谷カルチャーセンターまでお願い致します。
アドラー心理学講座【深谷カルチャーセンター】
アドラー心理学勇気づけ講座
第4月曜日 13:00~15:00325日スタート!
ご予約・お問い合わせは 深谷カルチャーセンターまでお願い致します。



人気ブログランキング面白かったら押していただけると嬉しいです