2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

意見をいうときに気をつけていること~非難ではなく正当な批判を~

GW中に泊まったホテルから個人宛にわざわざお礼のメッセージをいただきました。わたしにしては珍しくホテル側にある意見を送ったのです。

ご丁寧に個別でメッセージをいただけるなんて思っていなかったので、とても嬉しくて意見を言ってよかったなぁと思いました。

最初に泊まったホテルはとても古いけれど、従業員の対応がよく、部屋ごとにパスワード付きのWifiが割り当てられていたことには感動しました。(たぶん部屋ごとは初めてかも)

次の日に泊まったホテルはリニューアルしたてでとても綺麗。サービスも良し。でも無料Wifiは飛んでいるけど、セキュリティなしのフリーWifiでした。

本当は観光客の多さでいったら二つ目のホテルの方がセキュリティをほどこしていたほうがいいんだけどなぁと思ったのが正直なところでした。

ホテルの内装は綺麗なほうがいいですが、新しいとか古いとかあまり気にならない方ですし、どちらのホテルも従業員の対応がとても良かったので満足しています。

でも最後のWifiの対応があまりにも違いすぎたので「二つ目のホテルは綺麗だけれど、最初のホテルのほうが安心感があった」となんとなく思ったのですね。

Wifiが飛んでいるってだけで、本当はありがたいのですが(笑)

そして、東京に帰宅してシステム上の「是非意見をお聞かせください」ってホテルからメッセージがきたのです。

不満なんて一切なかったし(不満を持ったらもう使わなければいいと思う方なので)意見なんて普段はあまり言わないのですが、そのときは何となく、「これ言ったら役に立つかも」と思って意見を送りました。

とても快適に泊まれたことも伝えた上で、「これからは外国人観光客も増えますし、不特定多数の客が出入りするのでパスワード無しのWifiをパスワード付きにしてもらえたら客として安心して使用することができると思います」とお伝えしました。

せっかくリニューアルして綺麗で、サービスもよく、Wifiまで設置しているのに、パスワード付にしないなんてもったいない。そういう設定をすればいいだけの話であって、これを施すだけで安心度が上がりトラブル回避ができるのになぁって思ったからです。

結果、ホテル側が貴重な意見として受け取ってくれて、個別で御礼のメッセージをいただけたというわけです。

意見をいうときに気をつけていること

わたしが何かに対して意見をいうときに気をつけていることは、

①自分の感情的なことではなく、客観的な視点でみること
②相手や他のお客様にとって建設的意見であること(心から本当に良くなると思っていること)
③「意見をお聞かせください」と書いてあったこと(相手が意見を求めていること)

ここが嫌だったという不満や個人的視点を伝えるのではなく、今でもとても満足してるけどここが改善したらもっと良くなるとおもう!(ホテルやお客みんなのためにもなると思ったら提案する)という感じで伝えています。

しかも③はわたしの中では結構大切で。

「是非意見をお聞かせください」
このメッセージがこなかったら、相手に伝えることはしなかったと思います。

世の中には様々な意見というのが飛び交っています。
エゴを感じさせるもの、愛を感じさせるもの、文章からはやはり相手の想いが伝わってきます。

個別でメッセージをいただけたのは愛を感じさせるものだと、相手に伝わってくれたのかもしれません。

自分の想いを相手が正確にキャッチしてくれた喜びを感じ、逆にありがたかったなぁと思った出来事でした。

非難ではなく、正当な批判を。
そういう心がけはしていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる