22日(土)はヒューマンギルドのアドラーカウンセラー養成講座の同期会でした♪

3回続いていて地味にすごい。
その場限りじゃなく関係が3年続いているってすごいことだと思うのです。

今回は都合が合わない人もたくさんいて少人数となりましたが、実はそれには意味があったなぁ~って感じました。

このメンバーだからこそ話せることがあるし、このメンバーだからこそ過ごせる時間があるというか、そんな感じ。

 

それぞれが精神的に自立していて、個々に「信頼と尊敬」がしっかりできている人たちだから、価値観が違っていても絶対否定しないし、自分の意見を隠すこともなく安心して話せる空間になるんです。

「わたしここにいてもいいんだぁ」
「素の自分でいていいんだぁ」

そんな感覚。
これこそアドラー心理学の共同体感覚ですね。

ホントに素敵なメンバーだし、みんなユニークで面白い♪

 

出会いはアドラー心理学だけど、そんな条件は関係なくてアドラー心理学をやっていなくても、ずっと仲間でいたいなあって思う。

条件なんていらない。
その人だから付き合っていきたいと思う。

 

勇気をだすからこそ、信頼関係が得られる

人はよく「これ言ったら嫌われるんじゃないだろうか?」「周りにどう思われるのか怖い」と自分のネガティブな部分(だと思い込んでいる部分)を隠してしまいがちになる。

もちろんそれを聞いて不快で離れていく人がいるかもしれないけれど、それで離れていく人は今後何をやっても上手く付き合っていくことはできないのだと思う。

 

逆に「話してくれてありがとう!」って嬉しく思う人もいるんだよね。

だってね、人が離れていってしまう恐怖を乗り越えたんだよ。
勇気を出して伝えてくれたんだよ。

しかも、自分は選ばれたんだよ。

「この人にだったら話してもいいかも」
「受け入れてくれるかも…」

話してくれるというのは、自分を信頼してくれた証なんだよね。

 

恐怖(リスク)→勇気をだす→関係が深まるを、繰り返し、繰り返し、行っていかなければ自分の居場所や安心出来る場所になってはいかないんだよね。

「居場所を見つけていく」というけれど、実はそれだけでは自分の居場所なんて見つからなくて「居場所は自分で作っていくもの」だと思うなぁ。

恐怖やリスクはあるけれど自分から勇気を出すから、安心できる場所や素の自分でいられる居場所というのは作られていく。

周りに対して「作ってくれ!」だけじゃそういう場所はできないと思うのよね。
お互いに勇気を出しあって作っていこうとする姿勢がなければいけない。

 

わたしも場所(人)は選びながらも、できる限り素の自分のままでいたいなぁって思っているし、ブログを書いているのはそうありたいからなんだよね。

普段も不思議発言をわたしはよくするんだけど、考えないで発言しているわけじゃなく考えた上で覚悟をもってしているんだよね(計算高いので色々考えるクセがあるw)

素を出そうと努力している人はいつも恐怖やリスクと向き合っているから、素を出して生きていこうとする人を否定なんてしない。

どれほど勇気を出したか、難しいことかを知っているから。

否定しないから、結果的に素を出して付き合える人間が集まってくる。
そういう循環を自分で作っていくことも大切なことだね。

また会おうね~♪( ´θ`)ノ

 

LINE@へ友人申請(こちらではカードリーディングを配信していきます)
友だち追加

上手な愛し方で愛され上手になる!パートナーシップ講座
2019年7月6日(土)12:00~18:00【新宿開催】
定員6名詳細はこちら
アドラー心理学勇気づけ講座
2019年8月31日(土)、9月7日(土)※2日間
両日共に13:00~18:00【新宿開催】
定員6名詳細はこちら
アドラー心理学<超入門>講座【熊谷カルチャーセンター】
毎月第1金曜日 13:00~14:00開講中!
ご予約・お問い合わせは熊谷カルチャーセンターまでお願い致します。
アドラー心理学勇気づけ講座【ヨーク上尾カルチャーセンター】
毎月第3月曜日・全6回 13:00~14:00開講中!
ご予約・お問い合わせはヨーク上尾カルチャーセンターまでお願い致します。



人気ブログランキング面白かったら押していただけると嬉しいです