「その人っぽい色」を採用する

今日も一日、自分のサイトの改造をしていました。
メインカラーを決めて、それにそって各ページも合わせて修正という感じです。

今日は「自分のブランディング的に色はどうしようか?」と考えていました。

趣味のような個人サイト時代は自分の好きな色・マゼンダやショッキングピンクでしたが、今回は自分の好きな色ではなく、ブランディングデザインを意識した色にしてみました。

サイトのメインカラーは「黄色」にしてみました。

ブランディングをする上で「色」というのも、ものすごく重要だと思います。

企業が商品やサービスのカラーを決める際にデザインコードというものがあります。
例えば、お水なら「水色」を基調としたキャップやラベルが採用されています。オレンジジュースを売るのに「水色」は採用しませんよね。オレンジジュースならオレンジの絵・オレンジ色です。

その商品の「らしさ」「っぽい」色というものがあると思います。

目次

客観的な自分のカラーはなんだろう?

ファッションでも「好きな色」と「似合う色」がありますよね。
「似合う色」とはちょっと違うかもしれませんが、「その人っぽい色」というのがきっとブランディングデザイン的な捉え方。

自分が好きな色は持ち物とかでも多めに所持しているし、会話でも誰かと「好きな色」の話をして「あ、この人この色好きなんだな」という情報が相手に入ると、相手は自分のことを「この人は○色が好き」という前提で見るようになります。
そうすると自分の好きな色も、相手にとっては「その人らしい色」になりうることもあるかもしれないけれど、、、。

でも、自分の好きな色を相手に言っていない場合、もしかしたら私の好きな色と相手が思う私っぽい色というのはかなり違うかもしれません。そういう情報が入っていない<色眼鏡がない>人たちが共通して「この人は○色っぽい」というのは、かなりブランディングに使える情報だと思います。

客観的カラーは多くの人がそう思ってくれる可能性が高いからです。

今回はブランディングデザインの視点で、コンセプトからコンテンツ、コミュニケーション(サイトデザイン等デザインが関連する部分)などをつくっています。最近よく「黄色っぽい」とたくさんの人に言われる&コンセプトとあってるので黄色に決めたわけです。

コンセプトに合ってなかったら、黄色にしてなかったと思います。

そして、広義的な「黄色」は決まったわけですが、黄色にも色々あります。サイトのアイコンやらトップ画面の動画の黄色味と合うかどうかなど、色々なことを考慮して、この「黄色」に決めました。

ブランディングデザインは「差異化」をしていくことが一番重要ですが、このデザインコードを大幅に脱線せずに、さらに上記のようなコミュニケーション部分を考慮しながら、差異化をはかるのが結構難しいところだと思います。

ただ、個人レベルならメインカラー色(ブランドカラー)を決める際に、余計な情報を持たない人たちがいう「その人らしい色」「その人っぽい色」を単純に採用するだけでも「その人っぽいサイト」として印象づけられるのでブランディングの一助になるのではないか?と個人的には思います。

その色を見るだけで、その人を思い出す。
その人を見るだけで、その色を思い出す。

これは結構重要なところです。

不思議なことに昔は黄色は特に好きでもなく、好き嫌いに当てはまらない色でした。
だけど、「黄色っぽいイメージ」とたくさん言われていると、なぜか黄色が好きになってくる(笑)

私のように何とも思っていなかった「その人っぽい色」が好きに変わるなら、それはそれでいいのですが(好きな色と客観的印象カラーが同じって最強かも!?)

もし、「その人っぽい色」が好きになれない、嫌いな色だったとしたら、それは採用しないほうがいいです。
自分が気に入っているかどうかは大事なところ。

さぁ、この記事を読んだ皆さん、どうですか?
この記事を読んだことで、安西光のメインカラーは「黄色」だって覚えてしまったでしょう。

きっと次から、私をみたら黄色を思い出すかもしれません(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる