自分の女性性を自覚していく旅にでる

最近わたしは「自分の女性性を自覚していく旅」にでていました。

 

自分では「わたしは男っぽい」と思っていた。
なぜそう考えたかといったら、男性脳的な思考傾向(論理的、自立的で合理主義、独りでも割と大丈夫)だったり、あとはなんといっても女性が苦手であるということだった。

 

感情的に動いたり、勝手にライバル視をして嫉妬や妬みをぶつけたり、マウンティングし合ったり、自立ではなく群れることを好み、中には好きでもない相手と仲良さそうにコミュニケーションできる感じが本当に嫌だなと感じてしまい(一般の人より態度や雰囲気などをみて、わかってしまうというのもあって)中に加わりたくないと思ってしまう。※女性性を調べていったら、女性性が低い人ほどそのようなことをするらしいです

 

比較的自立的である男性との会話の方がシンプルで楽。
気を遣うこともないし、面倒事に巻き込まれることも少ない。

 

これは身体の性別では分けられない話で、もちろん男性にもこういうタイプの人はいる。
要するに自立と自律ができていない人が苦手なのだ。あー、めんどくさいと思ってしまう。

 

自分はこの傾向が昔から強かったので「自分は男っぽい」と思い込んでいた。

 

2年くらい前だっただろうか、ある男性から「なんでそんなに自分を男っぽいって言うの?」と言われて、ハッとした。それが口癖になっていたのだった。

 

その頃くらいから年齢も20代~70代まで、様々なタイプの男性や女性から「ものすごい女性っぽい」「女性中の女性」と言われることが多くなり、わたしは「???」と混乱した。

 

そしてこの2年の間に様々な出来事(困難)を乗り越えていく中で、わたしは「女性性」の暗い部分や視野の狭い見方でしかみていなかったのだと気がついた。

 

例えば「感情的、すぐ不安になる、群れる、女らしさ(外見や振る舞い)」に注目していたので、わたしは真逆だと思っていた。

でも、様々な人たちから「慈悲深かさ、平和主義、安心をあたえる、太陽のように明るい」などそういう見方で捉えたら、わたしは女性性の塊のような女だと気づかせてもらった。

 

 

自分の女性性を自覚していく旅にでた

そうして自分は「女性性」が高いことを知って、この秋冬は自分の「女性性」を腑に落とす作業をしていた。何をどうすればいいのかはわからないけど、とにかく自分が「女性性」だと感じるものにフォーカスをする。

 

・月(感情)を大切にして生きる。
→不快感や嫌だなと感じたら保留にしないですぐに伝えるかその場を離れる

 

・やりたいことをやる、やりたくないことはやらない。
→わたしは好き嫌いがあまりないこと&懐が深いこともあって(自分でいうのはなんだけど、笑)これがとても難しかった。
「やりたいことは真っ先にやるから問題ないがやりたくないことってなに?」そんな感じだ。だから、「本当に心から行きたいところに行く」「どっちでもいいのは優先度を低く」の心がけをした。

 

 

高次元の方々からメッセージを受け取るようになり、カードリーディングも勉強し始めて、ますます女性性が顔をのぞかせるようになってくることを肌で感じていた。

 

そして先日、その女性性が大きく揺さぶられる出来事があって、感情的になっている自分の姿が嫌っていた女性像とだぶって自己嫌悪に陥る場面が。
あぁ、何十年前にも経験あったなぁとか思い出す。それくらい久しい感情だった。

 

でも、昔のわたしとはやっぱり対処方法がちょっと違っていて、少し成長していた。

感情的になって怒ってる自分、
傷ついた自分、
なんでわかってくれないんだよーって思う自分

 

今回はそんな自分を認めてあげた。

(そうだよねぇ、酷いよねぇ。悲しいよねぇ。苦しいよねぇ。わかってほしいよねぇ。)
(でもそう思うことは全然悪いことじゃないんだよ。)
(だって、あなたにだって心があるんだからね)

そうやって、自分をヨシヨシしてあげた。

 

ブッダはマーラ(自分の心に棲む悪魔)が出てきた時に必ず言っていた言葉があるという。

「マーラ、僕は知っているよ(^-^)ニコッ」

最後に笑顔になるのがポイントのようだ。

 

受け入れないとか排除をするのではなく、笑顔で握手をし合うのだ。
そうするとマーラはたちまち消えてしまったという。

 

だからわたしも笑顔で握手をした。
そんな自分を認めてあげてることができるのも女性性が強いという証拠だね~、いい使い方してるねぇ~と自分に対して褒めてあげた。

 

その出来事はとてもわたしには大きな学びがあって、乗り越えた先は「すべてを受け取ろう」と思えたこと。

 

「もう、いいや。どんなことでも受け取って、喜びも悲しみも全部受け止めて、自分のものにしてしまおう」

 

なんでそう思えたのかわからない。
だけど、そう思えたとき、心の中からスーッと全ての負の感情が洗い流されていくような感覚になった。

 

実はこれが究極的な女性性のような気がしてならない。
だって、無条件の愛だから。

 

こうやって様々な経験を経て、無条件に愛する態度というのは手に入れていくんだろうなぁ。
今回のことで少しでも成長していればいいのだけれど(^^)

 

 

上手な愛し方で愛され上手になる!アドラー流パートナーシップ講座
《体験会》2018年11月30日(金)19:00~20:00【新宿開催】
《本講座》
2018年12月9日(日)12:00~18:00【新宿開催】
定員6名 詳細はこちら
アドラー心理学<超入門>講座
2018年11月11日(日)12:00~18:00【新宿開催】
定員5名 詳細はこちら
心が豊かになる読書会~ひかりの会~
初回は『人生が大きく変わるアドラー心理学入門』/岩井俊憲(著)かんき出版 です!
2018年11月日程調整中 定員6名
詳細はこちら
イラストでわかる古事記スクール@新宿
2019年まで待っててね
定員10名 詳細はこちら
アドラー心理学勇気づけ講座【新宿】
リクエスト開催!受講したい方はご連絡ください
定員4~6名 詳細はこちら
アドラー心理学勇気づけ講座【熊谷カルチャーセンター】
アドラー心理学勇気づけ講座
第1金曜日13:00~14:30開講中 
ご予約・お問い合わせは熊谷カルチャーセンターまでお願い致します。



人気ブログランキング面白かったら押していただけると嬉しいです