最近出会う方々に自分がどのような人間かというのを教えられています。

といっても直接教えてもらっているわけではなくて、他者のやりとりなどを見ていて、自分で気づいていると言ったほうが正しいかもしれません。

先日、人生で初めて「生きづらい」と感じたのです。
他者同士のやりとりを見ていただけで直接わたしが何かをされたわけではありません。

自分が何かされたわけではないのに、何故こんなにも生きづらいと感じたのだろう?と深く深く考えました。調べていましたら”エンパス体質”という言葉にたどり着きました。

 

エンパス体質とは?

繊細すぎて疲れやすい? エンパスの30の特徴 前編

繊細すぎて疲れやすい? エンパスの30の特徴 後編

詳しい説明は上記のサイトで読んでみてくださいね。

青色がわたしに該当している項目で、簡単な診断をやりましたら90%以上エンパス体質であると出てきました。

エンパスによく見られる30の傾向

1.言われなくても知っている
2.人の多い場所で圧倒される
3.他人の感情を自分の感情のように感じる
4.テレビで暴力や残酷さ、大惨事を見ることが辛すぎて耐えれない
5.誰かが正直でないときにはそうとわかる
6.他人の肉体的な症状をキャッチする
7.消化不良や腰のトラブルが多い
8.弱い人を常に探している
9.通りすがりの人でさえ、自分の問題を話したくなるのがエンパス
10.いつも疲れている
11.中毒になりやすい性格
12.ヒーリングやホリスティック療法、その他あらゆる霊的な事象に惹かれる
13.エンパスはクリエイティブ
14.自然や動物を愛する
15.一人の時間が不可欠
16.刺激がないと退屈し、気分が乱される
17.自分が楽しめないことをするのはほぼ不可能
18.真実を求めようと努力する
19.常に答えと知識を探し求めている
20.冒険、自由、旅行が好き
21.散らかっているのが大嫌い←△
22.ぼんやり夢想するのが大好き
23.日課やルール、誰かに束縛されると息が詰まる
24.食べ過ぎでもないのに太っている傾向
25.聞き上手
26.自己中心的すぎる人には我慢ができない
27.週末や週の始まりなどの全体的なムードを感じる
28.アンティーク品、ヴィンテージ品、中古品などを選びたがらない
29.食べ物のエネルギーを感じる
30.気分屋、シャイ、人と打ち解けにくい、孤立しているように見られることも

(サイト引用より)

わたしのことを理解している古い付き合いの人は上記の項目読んだら頷けると思います。

エンパスは、非常に高い共感力を持つ人のことを言います。

悩んでいる人の相談役になったり、人をサポートしたりする能力に長けていますが、その反面、他人の感情などを自分のものとして体感してしまうため、悩みを抱える人も多く、生きづらく感じやすいのだとか。

 

でも今までは「何故生きづらいと感じなかったのか?」を考えてみたのです。

推測されるのは元々の気質やアドラー的考え方で生きてきたから、ストレスを溜めずに上手く流せていたのでしょう。

しかし、元々人のことがわかってしまう体質なのに、さらに心理学を勉強したり意識的に人を視る訓練を重ねているわけですから、自己成長するごとにさらに見なくてもいいのに見えてしまうわけです(^_^;)

 

最近では魔女ですか?とか、サイキックですか?と言われることもあったり、言ってもいないのになんでそんなにわかるのですか?と驚かれます。

わたしには特別なスピリチュアルな能力などはありません。(多少霊感は強いとは思いますが)全て行動を見ています…というか、見えてしまいます。

人が行動を起こすときは必ず感情がのっかるので、行動をみていると感情もわかってしまうといった感じです。

前向きに捉えれば自己成長しているから生きづらさを感じるようになったと考えればいいのですが、最近自分が何かされたわけではないのに見えすぎてしまって疲れることが多くなりました。

 

自分がエンパス体質だとわかったのなら対処法を考えることができるので、気づけてよかったです。自己理解も対処法の一つだそうですから、これからも自己理解をすすめていこうと思います♪