自分”だけ”が満足している笑顔と、周りの人と一緒に笑い合っている笑顔は
まったく違う笑顔だなと思う。

周りの人も満足させ、自分も満足している人の笑顔は、
見ていて本当に気持ちよく自然とこちらも笑顔になってしまう。

『周りの笑顔なくして自分の真の笑顔などないものだ』とつくづくそう思う。

だからといって、わたしは周りを無理に笑顔にしようとも、したいとも思わない。

 

笑うかどうか、悲しむかどうか
怒るかどうかは相手が選ぶもの。

その選択を相手に任せることも信頼ではないだろうか。
自由に選択できる場所だからこそ、笑顔になれるんじゃないだろうか。

だって、「笑わないといけない」「楽しくしなければいけない」とか面倒くさいし、精神衛生上よくないでしょ?

 

笑いたい時に笑うのが一番いいよって。
辛い時は辛いまま、無理に笑顔にならなくたっていいよって。

そういう自然な態度で接していきたい。

 

そして、自分の気持ちに素直になれたとき、強がることをやめたとき、
きっと自分も周りも笑顔が増えていくように思う。

 

相手を笑顔にしたいなら、まずは自分から素直になっていこう。

素直になれる場所、自然に笑顔になれる場所を作っていこう。