孤立とは、繋がりがなく、助けが得られず、仲間が欲しいのに誰もいない”ひとり”のこと

孤独とは、思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しい”ひとり”のこと

孤高とは、自身の考えや信念を貫き、ただ一人でその道を突き進む”ひとり”のこと

 

孤高だけが、ひとりだけど、ひとりじゃないのです。

 

自分は孤立もなく、孤独でもなく、一匹狼でもなく、孤高だなと思うことが多くなった。

執着しない・依存しないからこそ孤高になれる。とても良いことであると同時に、孤高である自分に対してある種のとてつもない寂しさを感じることがある。

わたしもサイボーグではないし、人間だから、ふと寂しくなるのだ。

 

孤独の寂しさを知る人は多いけれど、孤高の寂しさを知る人は少ないのではないだろうか?

きっとわたしの言っていることをわかってくれる人も、孤高の人なのだろうなと思う。

 

でもね、孤立でも孤独でもないから、色んな人が見守ってくれていることも知っていて、見守っていてくれることを知る機会があると、やっぱり独りじゃないから孤高のままでいいと思うのだ。

その孤高の寂しさをわかってくれる人に出会うと、めちゃくちゃ嬉しくて泣いちゃうのだ。

そんなわたしを見守ってくれている人たちに、ありがとうの言葉を。