先日、ライフスタイル診断を受けてくださったお客様から感想をいただきました。

ライフスタイル診断を行って

 

自分のことを診断してもらい、文書にするという今まであまりない経験でした。
本音は、どんな内容なのか見たいが見たくないという心境。

 

現在の自分を、文書にしてもらうことはとてもいいことである。
自分のことはあまり深く考えずに毎日を過ごしている。
自分のことを分析して言葉にすることはまずない。

こうして言葉にしてもらうと現状がよく理解でき、書いてある内容は自分のことなのですんなりと納得できる。納得できるのは、なにげなく思っていたことが点から線になっていることに気が付いたから

自分では気が付いていないことも書いてあるが、不思議とすんなりと入っていく。
これも点から線へ変化したためかもしれません。

誰かに指摘をしてもらい見直すことも必要なことだと
今回の診断をしてもらい感じました。

 

自分の独自の考え方で行動しても何も変わりません。
誰かの的確なアドバイスが必要です。

それが、今回のライフスタイル分析でした。

今後どうすればいいのか?
なにが足りないのか?

明確になって非常によかったです。
毎日が楽しくなりそう。

 

(50代・男性)

自立的で、対人関係などの悩みもない方だったので、逆にどうまとめようかと難しかったのですが大満足してくださったようで嬉しかったです。

今回は悩みや問題の解決方法は不要でしたので、お客様の潜在的に目指している方向性を見出して、そこへ近づくためのご提案をさせていただきました。

「もう10倍の料金払ってもいいくらいの内容でした」との言葉に感動。
勇気づけられましたm(_ _)m

今回は初のご神託系の降りてきた言葉も織り交ぜてみました(笑)
今後のお客様の活躍にワクワクします♪


お土産もありがとうございました!

アドラー心理学ライフスタイル診断に興味のある方はこちら