2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

ぴかりんお茶会、無事に終了しました♪

23日(土・祝)は急にやりたくなって新宿のカフェでぴかりんお茶会をしました~。天赦日という縁起がいい日なんだって。

直前にキャンセルもあったのですが2名参加してくださって嬉しかったです。

 

今回は話の流れで、顕在意識・前意識・潜在意識・集合意識についてとそれに伴ってインナーチャイルドやアダルトチルドレンなどの話をしました〜。

今わたしが一番興味持っている分野で、勉強してきたこと(体感も含めて)シェアしてみたのね。

 

ダークな自分も味方にする♪

で、ネガティブな感情がわきおこってきたとき、「わーい!やったー!出てきたぞ♪」って実は嬉しくて楽しいものなんだとお伝えしました。

嫌なものとして扱う人も多いけどネガティブもLove♡な存在です。

昔から人よりもネガティブ感情が出てこない人だったけれど、昔のわたしは少なからず「ネガティブって嫌だな~」って思っていました。

でも最近では「ネガティブ感情が自分の課題を見つけてくれる」「ヒントをもらえる」「新しい自分に出会える」そういったポジティブな見方をするようになりました。

ダークな自分も怖がらずに上手く使いこなすこと、ダークな自分も味方にできるとより楽しく生きれるようになるんです。

今のわたしはそこに行き着いた。

 

潜在意識の知識がない方々ばかりだったのですが、皆さん楽しかったみたいで盛り上がりました♪

皆さん、参加してくださりありがとうございました!

 

自己犠牲するのはやめていこう

本当は誰も来ないかな~って思ったんですけど(2週間前にアドラー三姉妹のイベントがあったばかりなので)

「まぁ、やりたくなったし赤字になってもいいか」

とりあえず募集かけてみた。
わたしっていつもこんな感じなんです(笑)

もちろん、来ないときもあって中止になるときもあるのですが、
来ないかもって思って募集かけなかったら、イベント開催なんていつまでたってもできないからね。

こういうときは「無名なんだから来ないのが当たり前」くらいに思ってやってみるといいのです。

 

で、今回やってみて本当にカルチャーセンターの講師をやめて良かったなって思いました。

あ、カルチャーセンターが悪いわけじゃなくて(念のため)

 

自分はキャパがありすぎて?自己犠牲的になりやすいのです。
我慢してやり続けるわけではなく、キャパがあるので「ま、いっか」って適当に続けてしまうところがあります。

 

カルチャーセンターの講師をしていたときは、交通費、ランチ代を差し引いたら、手元に入るお金はこれらを差し引くとプラマイゼロだったの。講座の準備、半日分の時間、労力を考えたら完全に大赤字です。

最初は初めての経験だし勉強にもなるからって、それでもいいと思ってやってきたけど(生活に困っていなかったから)やっていくうちにメリットよりもデメリットが見えてきて、最後には同じお金もらえないならYouTubeの動画作る時間が欲しい!と思ってね。

これがやめる決定的な理由だったなぁ。

 

今回参加者が2名だったけど、経費などを差し引いてもカルチャーセンターで3回分教えたときと同じ金額が手元に入りました。

今までわたしは何をやってたんでしょう…って正直思っちゃったよね。

 

もうホント、自分のキャパがありすぎることも含めて、自己犠牲しがちになることを自分でコントロールしていきたいと思います。

キャパがあるって一見いいようにみえるけど、デメリットももちろんあってね。

知らず知らずのうちに結果的に自分や相手のためにもならないことをたくさんやりがちになるんです。

 

これからもゆるゆるっと
自分をデザイニングしていけたらいいなぁと思います!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる