2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

人生は本当の自分を思い出す旅~人生劇場の主役は自分、他は全て脇役~

皆さん、こんにちは。

実は一週間ほど前からYouTubeやSNS(Facebook、Twitter、Instagram)から離れています。

きっかけは自宅のWiFiルーターが壊れてしまったことでした。

わかる人にはわかるお話ですが、波動が上がると機械類が突然壊れ始めますよね。
あとは無くし物をしたり、人間関係も波長が合わなくなったりして離れていったりと、色々な強制断捨離みたいなものが行われます。

今その強制断捨離期間真っ最中でして、やっと終わりに向かっているなという感覚があります。

色々見直すいい機会だったので先日部屋の大掃除もして、いらない日用品や数十冊の本、CD、DVDなども売りに出しました。近々ベッドも買い替えたいなと思っています。

今回電化製品は洗濯機→スマホ→仕事用の特殊なキーボード→ルーターときて、1月にはWindows10にアップデートをしなくてはいけないので、そのことも考えてネットワークHDDを購入し、自宅のネット環境やらパソコン周りの整理をしてました。
今日はルーター専用の棚が届いたので朝から棚を作ってました。疲れました~

そんな状態もあって、最初はネットが繋げなかったのでお休みしていたのですが、仕事でズタボロになった身体も回復させようと思いまして、そのまま全てをお休みすることにしたという流れです。

わたしがSNSをこんなにお休みするのって実は初めてで、「全ての更新をやめた時どうなるんだろう?」と思ってね。

で、このままずっと放置でもいいかなとは思ったのですが今日はちょっとブログ書きたい気分になったのです。

 


 

昨日は銀座で2時間の個人セッションでした。
今は全講座をおやすみ中なんですが、個人のご相談はひっそり受け付けています。

せっかく銀座に行くので老舗高級喫茶店のトリコロール本店で。
アップルパイと紅茶をいただきながら、楽しくお話しできました。

夜はいつも講座に参加してくれている方とお食事をしました。
ちょっとプチ講座みたいになりましたが(笑)

銀座のママさんも宇宙系で三人で盛り上がったのですが「2020年はどういう年になると思いますか?」と聞かれ、

「本来のわたしのスタート地点にやっと立てたので、来年からがスタートです!」と宣言してきました。

突然出てきた言葉です。
今もかなり本来の自分なんですが、それ以上にクリアというか、削ぎ落とされていっている感じで、やっと真っ新な本当の自分、本来の自分に年明けあたりに出会えそうな気がするんです。

やっとスタート地点に立てたんだなーって感覚なのです。

 

人生は本当の自分を思い出す旅~人生劇場の主役は自分、他は全て脇役~

そのときに話の流れで、お食事に誘ってくださった方が、わたしのことをメンター的存在だと言ってくださってね。

わたしはメンターという言葉があまり好きではないのですが
(ただのきっかけにすぎず、気づいた本人が素晴らしいなぁと思うからです)

でも、やっぱりそう言ってくれると嬉しいのです。

 

わたしに出会わなかったらこんな方向に進むとは思わなかったと言ってくれて、出会いによって大きく人生が変わってしまう、見方が変わってしまうってすごいと思いませんか?

 

不思議とわたしの変化に追いついてくる人なんです。

わたしの波動が上がるとき、その方も波動が上がる。
だから、わたしが変化しても毎回話が通じるんです(実はこれってすごいことだよなぁ)

ご縁って不思議ですよね。
きっとそれは必然なんだろうなぁと思います。

最近は本当にソウルメイトにしか出会わないというか…そんな感じになってきています。

 

わたしはその人の人生劇場に登場する脇役で、主人公はその人自身【自分】

わたしがどんな役をするかはわからないけれどね。

Aさんの人生では、わたしは悪人かもしれない。
Bさんの人生では、メンター的存在かもしれない。
Cさんの人生では、愛を教える人かもしれない。
Dさんの人生では、ただの通りすがりかもしれない。

でもね、悪役でも、メンターでも、愛を教える人でも、ただの通りすがりでも、その人の人生劇場で配役をいただけるって本当にありがたいことだなぁと。

どんな役もその人の人生劇場を彩る役者ですから、
どんな役でも全力で演じたいなぁと思うのです。

 

わたしの生き方のクセというか、根っこの部分に「自分を生ききりたい」という強い想いを持っています。たぶん、今世の課題の一つなんじゃないかなと。

安西光という人生は今世で一回限り。

そして、いつ死ぬかなんてわからないから、目の前にある事や目の前にいる人に対して全力で向き合って生きてます。

全力で「自分がもうダメだ…」というところまで、がんばる癖もある。
そんながんばりすぎちゃうところも自分は結構好きなんだけど(笑)

でもね、そうやってがんばりすぎるまでがんばって
「もうダメだー!」ってところまでがんばるから

後悔が一切ない。
やりきった感がハンパない。

「うん、わたし限界までよくがんばった!がんばってダメならしょうがないじゃないか。次にいこう!」って自分に言ってあげることができるんです。

 

臭い物には蓋をして見て見ぬふり
向き合わないで逃げてばかり
楽ばかりを追い求める

それが一番楽しい生き方で、責任とるならそう生きてもいいけれど、
自分でそういう生き方を選んでおきながら苦しんでいる人がいる。

自分の人生は自分で作ってきた結果なんです。

 

いい歳こいてそれをいつまでも自覚せず、他人のせい、親のせい、環境のせい、政治のせいにして生きていく。
それらは影響はあったかもしれないけど、最終的に決定をしているのは自分です。

そんな人たちのほうがきっと多い世の中で
こんなに誠実に事や人に向き合ってきた自分は誇っていいと心の底から思っているんだよね。

自分が生きたいように、真っ当に、自己責任の世界で生きている。

 

一部の人から見たら、とてもとても不器用な生き方かもしれない。
自分には出来ないことをしていて、自由すぎて気に入らないと思う人もいるかもしれない。

 

でも、いいの。

「自分を生ききりたい」っていうのを、
自分のやりたいことをちゃんと出来ている感覚があるので満足してるんです。

 

自分が満足していない、納得していないのは残念な生き方。

一度しかない自分の人生を真剣に考えたり、真面目に取り組むのが格好悪いものなの?

最高にカッコいいじゃん。

それが出来ていない人の方がカッコ悪い。
わたしはそんな生き方したくない。

 

帰宅中ね、幸福感が沸き上がってきて、

「あー、幸せ」って口からもれた。

そして、空を見上げたら今年最後の美しい満月だった。
素敵な気分で終われた一日でした。

 

色々整ったら、また浮上しますね(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる