2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

身体と潜在意識~自分への現象や身体がいまのわたしの状態を教えてくれる~

 

知識をインプットすることに若干疲れ始めていた。

なんていうか、難しいものに触れたくないといった感じが続いていて、そういった状態は1年前くらいから始まっていて昨年末が一番のピークだったかな。

「いまのわたしで、いいんだ。いまのわたしだから、いいんだ。」

きっと、そう思えてしまったからかもしれません。

 

そして、これ以上知識はいらないのかもしれないって、なんとなく感じ取っているのかも。知識を増やしたところで「癒しにつながるかどうか」は別問題なのだ。

それもわかってしまったのかもしれない。

 

昨年はセミナーとか勉強会とか、どこかに通って知識をガッツリ教わるといったことを全くしなかったです。

ほとんど参加せず今年の1月にイベント1回だけの参加でした。そのイベントも勉強というよりビジネス系コンサルといった感じだったので難しいものではない。

講座もカルチャーセンターの講師終了以降は全部お休みしてました。
休養期間に突入といった感じに。

だから本を読むのもガッツリとした内容のものではなくて、かる~い趣味程度のスピ本だったり、カードリーディングの本だったり。

とにかく次にやりたいことの準備期間というか、内に籠って次の講座を作るための絵の技法をマイペースに独学したり、何しようかな~とボーっと考えたり、デザイナーの仕事を中心にただ穏やかな日々を過ごしている。

 

『身体は潜在意識』が腑に落ちた

そんな中、ご縁があって12月から通い始めたエサレンマッサージ。
この月1回のエサレンの時間がいま唯一の深い学びの場となっています。

ただ客としてマッサージを受けるだけなんですが、セラピストさんの最後のフィードバックがこれまで学んできた知識やら自分の体験と繋がることがたくさんあって得るものが多い。

今までのように頭を使って次から次へと知識を覚えていくものではなくて、今までに得た知識を自分の身体や感覚をとおして腑に落ちていく。

知識を頭の中につめこむだけと、実体験と体感覚で「本当にそうなんだ!」って身体で理解する・わかるのとは雲泥の差といってもいいだろう。

腑に落ちているかどうかは自分に自信が持てるかどうか、他者への説得力が格段に違うから。

今日の学びも本当にすごくて、これまで知識として持っていた『身体は潜在意識』が「本当にそうなんだ!」ってものすごく納得できた内容だった。

 

記憶を思い出しただけで癒されていた

少し前にちょうど潜在意識の奥から前意識に浮上してきた傷ついたインナーチャイルドの記憶が2つほどキャッチできたので、自分で癒してみたのです。

でもその記憶、正直癒されているのかわからなかった。

なぜならその嫌な記憶(だったであろう記憶)を思い出しても「嫌な感じ」が全くなく、客観的に冷静に「あぁ、こんなこともそういえばあったなぁ」って感じだったから。

その話を先日カウンセラー仲間に話したら子供の頃、同じような状況・体験をしていた。

わたしの場合は「泣き叫んでいた」
ギャーギャーわめいて、親に抵抗するなり訴えるなり許しを乞うなり感情を解放していたのだが、仲間は何も言わずに感情を出さなかったようで抑圧していたそうだ。

その話から「どうやら自分の思い通りになるかならないか、結果はどうあれ、子供の頃に感情を抑圧するかしないかで、傷つき具合が違うっぽい」と仮定をしていた。それは本に書いてあるとおりのことだった。

 

わたしの場合、

嫌な感じが全くない、冷静に、客観的に思い出せて、
悲しくない、涙が出ない

なんだか癒されているっぽい。
なのに浮上してきたってことは、まだ癒し必要なのかな?

そんな風に、癒されているのかどうかすらわからない状態だった。

でも、今回エサレンを受けて「記憶を思い出しただけ」で癒されているのだと明確にわかった。(ある意味自分と向き合っただけで癒しが起こると思ってもいいのかも)

今回のエサレンで、1ヶ月前のわたしより「解放されている」状態がちゃんとわたしの身体に出ていたのだ。

 

自分への現象や身体がいまのわたしの状態を教えてくれる

それにね、実はわたし少し前から「丹光」と言われるものを見れるようになってしまったのです。(どこかでお話しているかな?)

「丹光」についての詳しい説明は興味ある人はググって欲しいのですが、簡単に言うとリラックス状態になったとき目をつぶると光が見えるのです。

最初はビックリして「なんじゃこりゃ?!」って感じだったけど、色がついている。あるときは青だったり、あるときは緑だったり、あるときは紫だったり、、、

不思議に思ってネットで検索してみたら、その光はどうやら「丹光」と言われるものでチャクラの色らしい。

寝る前だけではなくて、たまにお風呂に入ったとき、瞑想をしたとき、フェイスエステを受けるときが一番多いかな。

その光が見えるとき、「あぁ、いま○○チャクラが活性化しているのかもー」なんて何となく思っていた。

でも、その情報はあくまでもネットの情報だし、自分がガッツリとスピリチュアル能力があるわけでもないので本当にそうだかわからない状態だった。そういう可能性もあるなってだけで止まっていた。

でも、今日エサレンの施術中に緑と紫の丹光が見えたので、セラピストさん(チャクラの状態がわかる人でしたので)いきなり質問してみたんです。

「もしかして施術中にハートチャクラとサードアイチャクラが活性化しませんでしたか?」って。

そしたら当てちゃったみたいです(笑)

それで「あ、やっぱりそうなんだ。見えるときはチャクラが活性化しているときなんだ」って確認できちゃったのです。

実はこれだけでも自分の感覚があっていたという証明してもらえた喜びというか、自己肯定感アップしたんだよね。自分の感覚や能力に自信がついていく感じがした。

そして「自分に現れた現象はそのまま受け取ればいいんだ」って、現象や身体がいまのわたしの状態を教えてくれるんだって、味方してくれるんだって、心底おもえたんです。

 

潜在意識が癒されたら、身体が変わっていた。
ならば、潜在意識は身体からアプローチできるということです。

そのことも知識としてはわかっていた。
頭ではわかっていたけど、体験していなかったから腑に落ちてはいなかった。

でも今回腑に落ちた。
この経験はわたしの意識を大きく変えたであろう。

この意識の変化も来月のエサレンで身体をとおして見ることができるのかな?

今一番楽しみな時間かもしれない(^^)

 

最近胃腸の調子もよろしくなかったので久しぶりにファスティングすることに。
今日から準備に入ります☆

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる