2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

白い龍がわたしの中にいる!?

昨日は楽しみにしている月1回のエサレンでした。

前回の記事でも書いたように今の自分にとってエサレンの時間がものすごい学びの時間となっています。自分探求&得た知識を腑に落とすことができるからです。

実は今、自分的にものすごい流れがきていて、特に先週末くらいから怖いくらいのシンクロが起こりまくりなんです。

こういうこと、たまーにあるけど、人生でここまで不思議な感覚は初めてかも。

あら、いやだーこわい。
そんなレベル。

前回のエサレンのときに、父親との記憶が浮上してきてインナーチャイルドを癒してきたあと、わたしの身体のほうも良い方向に変化していて(ちゃんと父性の部分を司る部位に変化があった)を確認しました。

あ、記憶を思い出しただけで癒されるって本当なんだって自分の人体実験を通して、ちゃんと腑に落とせたわけなんだけれども

今回は、最近得た知識の中に「筋肉細胞は実際の環境ではなく、自分の解釈(思い込み)のほうに影響を受ける」というものがありました。

去年12月からエサレンを通い始めて、より一層わたしの内側の探求やら覚醒が速度を増していて、それが毎月毎月ちゃんと身体のほうにも出ているのね。

先程も書いたように筋肉細胞(細胞)が自分の解釈のほうに影響を受けるならわたしの中の何か一つでも思い込みが外れたり、解釈が変われば身体に出るということですよね。

それがちゃんとエサレンで証明させてもらっていて、
毎回結果が違うのです。

それはわたしの内側の変化が絶えずに行われていて、自分でもエサレンに通うのは癒しよりは学びの場だとも思っている。

意識的にインナーチャイルドを月に1つは癒していたり、解釈が変わっていたりするので「自分で身体にちゃんと出るかな?」と実験と検証のような感じなんですよね。

で、今回は先月よりもさらにさらに覚醒が進んでしまっていると自分のなんとなくの感覚で気づいていたし、先日「わたしは波動が弱い」という思い込みをしていたと気づかせてもらって「わたしの波動って強いんだ!」にたまたま書き換えられたばかりだった。

そうなると、きっと今回のエサレンでも「理論上だとより良くなっているに違いない!」という気持ちだったのです。

結果、やっぱり身体が全然違っていて(この段階でもう確信に変わった)
さらには施術中とんでもない不思議体験をしたのだった。

白い龍がわたしの中にいる!?

実は施術が終わってからフィードバックをいただくときに「第1チャクラに白い龍が元気よく動いていた」と言われて、ビックリした!

いや、わたしは不思議な存在・高次の存在のことは全然受け入れているから、それにビックリしたわけでもなく、怖いわけでもない。

ビックリしたのは、思い当たることが子供の頃からあったからだ。

ちょっと話はそれるかもしれないが、実はわたしは蜘蛛や蛇が好きなんです。

人類は命の危険にさらされるものにものすごい拒否反応を起こす。これはDNAにしっかりと組み込まれていて、毒を持つような蜘蛛や蛇といった生き物は怖がるのが普通なのです。

だけど、子供の頃から、特に蛇に関しては

「蛇は仲間だ」

そんな風に思っているし、これは不思議体験の話だけれども、わたしは人生の今までで3回ほど死にそうな目にあっているときに現場でいつも身代わりとなって死んでくれていたのが蛇だった。それも3回ともだ(内、1回は白蛇だった)

そんなこともあって、蛇はわたしの命を救ってくれる恩人だと子供の頃から刷り込まれていて、蛇は助けてくれる仲間だって思っているんです。

実は蛇と龍は深い関係があって、蛇が進化して神格化したものが龍と言われるらしい。その知識もあったので「蛇=龍」と考えたら、なにも違和感がなかった。

白龍がいる。

違和感がないばかりか「まだわたしについていてくれていたなんて…」とちょっと感動してしまった(;_;)

とりあえず、「ありがとう」って伝えよう。

もしかしてクンダリーニ覚醒!?

そのままで終わると思いきや、その白龍は、実は龍じゃないかもしれないと帰宅してから思いついた。

もうひとつの可能性は、クンダリーニ覚醒が起こったのかもしれないと思いついてしまった。

というのも、「第1チャクラで」というところが気になっていた。

「第1チャクラで白い龍のようなものが元気に動いていた」となると、その様はクンダリーニ覚醒も当てはまる…。

しかも施術中、2回ほど一瞬だけど身体が異常に熱くなり「自ら爆発的なエネルギーを一瞬発した」という自覚があり、それはうまく説明できないが悟空がスーパーサイヤ人に変身するときにでる特別なオーラみたいな感覚で、それが爆発的に、そして一瞬だった。

セラピストさんも「爆発的なエネルギーを感じた」と同じ感覚を持ったそう。
やっぱりそうなんだ。わたしの勘違いではないんだ。

もしそれがクンダリーニ覚醒だったら?
そう考えてもみた。

実はわたし、以前クンダリーニ覚醒を1度だけ起床時になったことがある。
そのときもものすごい不思議体験で2匹の白蛇のようなエネルギーが螺旋を描いて身体を下から上へ、脳天からエネルギーが放出されていくという、ネット検索でよく見るクンダリーニ覚醒の体験をしたことがある。

放出されたあとは真っ白な世界にいて、放出された勢いで四つん這いとなった体勢から立ち上がるときに誰かから肩にポンと手を置かれたところで、現世界に切り替わった。

そういう不思議体験だったのだけれど、今回はまた違う感じだったので気づくのが遅かった。

わたしの中で白龍さんが住んでいるのか、
はたまたクンダリーニ覚醒をまた起こしてしまったのかはわからないが、

確実に言えることは、わたしの覚醒がものすごく進んでいるということだ。

ちなみに家にあった神様辞典で白龍さんを見てみたら…

これまたドンピシャな言葉が(笑)
覚悟を決めるときがきたのかもしれない。

LINE@へ友人申請
友だち追加



人気ブログランキング
面白かったら押していただけると嬉しいです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる