2020年11月8日(日)『古事記と言の葉講座@Zoomオンラインセミナー』詳細はこちら

「エネルギーをあげてもいい」って心からおもえたとき、エネルギーバンパイアはいなくなります

エネルギーバンパイアって?

ちょっと前まで「エネルギーを奪う人と関わるのはよそう」って思っていた。

エネルギーバンパイアに出会って「エネルギーを吸われている」という感覚を経験したことと、やっぱりエネルギーを吸われるとものすごい疲労が激しく自分が回復するための時間を奪われたり、お金や時間や労力を極端に消費されている感覚になるからだ。

ちなみにエネルギーバンパイアについてはわたしの経験上では、相手を嫌いとか好きとか関係ないように思うし、ネガティブな人やポジティブな人にもいるように思う。(よく記事になっているのはネガティブタイプのエネルギーバンパイアが書いてあるけれど)

結局は自分と相手とのエネルギーのバランスなので、自分の状態によって自分が奪う側になるかもしれないし、相手が奪う側になるかもしれないということなんだろう。

仲のいい友人から後から聞いた話、以前わたしがエネルギーを奪う(相手を疲れさせる)時も1度あったみたいで、自分でもビックリしたことがありました。

そこには悪気はなくて、わたしが元気が良すぎて相手が元気がなさすぎたとき、またはその逆も然りなんだれど、そういった相互の状態・バランスによってそういうことが発生するのだと思う。

だけれども、中には本物のすごいタイプの人もいることも確か。
やっぱりネガティブタイプのエネルギーバンパイアは本当に自分の身体から「シュ~シュ~」っと吸われている感覚がある。
人生でまだ1度しか会ったことがないけれど、相手の一番最悪な状態のときにその人に会うと1秒ごとに疲れていく自分がわかる。

漫画で表現する効果音・擬音にあるでしょう?「シュ~シュ~」って身体から抜けていく表現。

「生気が吸われる」感覚。

そのままの感覚で「漫画の表現って的確なんだな」って思ったことがあった(笑)

エネルギーをあげてもいい

そんな経験をしてから、エネルギーバンパイアを避けたり、自分が疲れる行為にとても敏感になっていたのは確かだと思う。

でも、昨夜お風呂に入っていた時に、本当に突然

「あ、別に吸われてもいいや。だってわたし『光』だし。遍く光だから絶えることがないのよ。だって太陽と同じだもん。寝たら回復するし、欲しいならあげればいいや」ってフッと思えたんだよね。

で、ここに行き着いたのは突然そうなったのではなく、ここに至るまでに色々な価値観を受け取ってきたこともある。

まず「エネルギーバンパイアはいけない」という価値観を持っていた時に、上記に書いた「わたしがエネルギーバンパイアになったことがある」と友人から聞かされたこと。

そうすると「エネルギーバンパイアはいけない」という価値観から、「エネルギーバンパイアって誰にでもなる可能性あるんだ」と変化した。

そして、とある人の動画を観ていた時に「自分はエネルギー過剰気味の人間なのでエネルギーバンパイアがいてくれるとちょうどよくて助かる」というコメントをしていたことだ。これはわたしにとっては一瞬で価値観が変わるようなコメントだった。

「そうか!そういう人もいるんだ!確かにそうだ!過剰気味な人は分け与えてバランスがよくなる!」

そうやって「エネルギーバンパイア=いけないこと」という図式がわたしの中で完全に壊れたんだよね。

そして、昨日、ふと「わたしは『光』だし、別にエネルギーをあげたっていいんじゃないかな。エネルギーって循環なんだし」そう思えた。

そのときに以前、どこかで聴いた斎藤一人さんのお話を思い出した。

写真を撮った時に斎藤一人さんの背後にドクロが写っていて、そういうときほとんどの人が悪い捉え方をする。だけど、斎藤一人さんは「すがってきているんだな」終わりなんだって。

「憑きたいなら憑けばいいよ~」ってうろ覚えだけど、そんなことを言っていたような気がする。

「これなんだ。斎藤一人さんが言っていたのはこの感覚なんだ。」って腑に落ちたんだよね。

エネルギーを欲して集まってくる状態を作っているのは、あなたの意識かもしれない

そうしたらどうでしょう。
数日前から現実が変わっていることに気がついたんだよね。

(無意識的にでも)エネルギーを欲して集まっていた人がわたしの前から消えていった。

それは向こうから離れていったこともあるし、わたしから切ったこともあるけれど、「エネルギーを欲して集まっていた人」が共通するところなんです。

お風呂に入って「もういいや、OKだ」と思う前から、きっとわたしの無意識に変化が起こり始めていたんだと思う。

頭に浮かんできたこと(顕在意識)と、無意識(潜在意識)が一致することって、時差があるんだろう。

無意識が先、それから現実が変わり始め、そして頭に「OK」が浮かんできた。

あ、そっか。

「エネルギーバンパイア嫌だな、疲れるな、付き合いたくないな」

そう思っていたから、そういう現実が作られてきた。

「吸われてもOK」になった途端、現実からそういう人がいなくなっていった。

いやー、潜在意識ってすごいね(笑)

認知を変えていくことが現実を変えるって、自分を使ってどんどん腑に落としていっています。

一つの参考例としてご紹介しました。
自分に寄ってくる人がエネルギーを求めて来る人ばかりだったり、エネルギーバンパイアに困っている方はご参考にしてみてください。

LINE@へ友人申請
友だち追加



人気ブログランキング
面白かったら押していただけると嬉しいです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる