新サービス「豊さを引き寄せるインディビジュアルブランディング」のモニター募集(残り4名)を開始しました詳しくはこちら

より自分を知っていき、自分のことを正しく伝えていくことが必要になる

皆さん、こんにちは。
今日は風があって、とても心地よいです。

ブランディングデザインに興味を持ったことをきっかけに、経営のことももっと知らなくてはと思い…というより、自発的に知りたい!と思うようになったので最近はビジネス書ばかり読んでます。

わたしがこのような本を自発的に購入するなんて、自分でビックリです(笑)

独立して15年経ちますから会社勤務のデザイナーよりは経営者視点で仕事ができるタイプなのですが、お恥ずかしい話、独立して15年経ってやっと腹を括れたように思います。
といいながら、ちょうど1年前の今日も人様のために仕事をしていくと腹を括っていた投稿がFacebookに出てきました、笑。

前回はコロナ禍の中、「自分がやりたい仕事を卒業し、他者に求められることをしていく」という腹括りをしたわけですが、今回は人様のために仕事をするとステージをシフトして、さらに何が必要なのかが見えてきました。
その過程での、新しい「腹を括る」です。(どうも腹を括る回数が人生で多めのわたしです、笑)

以前は完全にCtoBでしたが(個人が企業に対してモノやサービスを提供するビジネスモデル)転職をしてからCtoC(個人間取引き)になって、やはり取引先が企業だけだったものが、丸ごと個人だけに変わると見えてくることがあります。

コンサルをしているとわたし以上に経営者視点で物事が考えられない個人事業主が結構いることも知って、色々やりたいことが見えてきた感じです。

以前の仕事は完全に企業とのやり取りだったし、独立して15年も経っていたので企業との信頼関係も出来ていたので、営業をしなくても自然と仕事が入ってきていた状態が続いていました。だから個人サイトにもほとんど仕事のことは書いたことがなく、完全に趣味のようなサイトだったのです。

転職してからとりあえず仕事用のサイトを作ってみたものの、自分の中で「これでやっていくんだ!」というものがぼんやりとしか見えてこず「大きな方向性が決まるまでいいか」とのんびりスタイルだったので当然サイトを育てていくという感覚も薄かったです。

でも、最近やっと自分が向かうべき方向性・自分がやりたいことが整ってきました。自分が久しぶりに心からこれをやっていきたいなと思えるものと、周りから求められていることが重複するものがやっと見えてきた感じです。

「これを機にサイトリニューアルをしよう!」と考えてから、自分の働き方や考え方、サービスについてを言語化することの練習をしています。どうやったらサービスの良さやわたしの人柄を伝えられるか、日々考えながらサイトを改造中。

いまは「デザインの力をもっと活用して、個人や会社を支援できないか?」と日々勉強中なのですが、これからの時代はデザイナーも経営者視点を持たなければならないと思うし、デザイナーの役割もこれから大きく変わってくると思います。

経営戦略にデザイナーが関わる時代がくるだろうし(大企業ではそうなってます)小規模、個人事業でもそれが必要になってくると思います。個人のブランディングデザインのサポートをしたいのです。

デザインの部分を全ての人に伝わるように言語化する能力が必要になってくると思います。
自分の価値観を伝えるのは、その練習にもなります。

これからの時代、より自分を知っていき、自分のことを正しく伝えていくことが必要になる。

ブランディングデザインに出会ったこと、それをやりたいと思ったこと。
経営学も勉強しようと思ったこと。
今まで感じてきたこともすべて、大きな意味があると思います。


「きっとわたしのターニングポイントになる」

そんなふうに受け取っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる