インディビジュアルブランディングの感想・2021/08/29◇原田たけひろさん(40代男性)

インディビジュアルブランディングを受けてくださった原田たけひろさんから感想をいただきました。
原田さん、ありがとうございました♪

なぜ申し込みをされたのですか?

独立するタイミングでのご縁でしたので、ぜひ!とお願いしました。

全3回のセッションを通して得たこと、セッションを受けて良かったこと、どのような気持ちになったかなど、感想を具体的にお聞かせください

◆ワークについて

まず、ワークは徹底的に自分を見つめるもの。内容が盛りだくさんでしたので、お得感満載。
もちろん、やりがいもありました。

ワークシートに具体的に書き出すことにより、客観的に自分の得意なことを見つけることができました。
また、自分の思い込み、思考のクセも浮き彫りになりました。

感情やブロックを解放するワークもあるのがよいところ。
気づいて、修正までできるということですから。

◆コンサルについて

ワーク後のコンサルでは、大きな気づきがありました。
自分での気づきより、もっと大きなものです。

自分で出した特徴を、さらにわかりやすくグループ化し、自分にしかないものを絞っていただきました。
また、自分だけでは気づかない、自分では気づいていない視点からの特徴も教えていただきました。

この自分では気づいていない点は、普段、意識せずに普通にできていることなので、特徴と思っていませんでした。コンサルを受けたことで、自分の武器がより明確になってきましたし、自信をもって自分の力を発揮していこうと思うことができました。

ブランドステイトメントでは、自分の想い、文章を大切にしていただきながら、より洗練された文章になるように見ていただいたことで、よりわかりやすく、より伝わりやすい文章になりました。

また、競合他社を調べ、分析することで、実際の仕事において、自分がどの部分に重点を置けばいいのかがわかり、他社との差別化を図ることができました。

自分らしさ、自分にしかないもので、人々の役に立ちたい。
そんな思いを叶えてくれるインディビジュアルブランディングでした!

ありがとうございました!

原田たけひろさん

原田たけひろさんの公式サイト:Connect with

目次

インディビジュアルブランディングに興味のある方はこちら

商品やサービス、もしくは企業全体のイメージにある一定の方向性を作りだして「他とはどう違うのか」というブランドの本質的な価値、言うなれば<個性>を正しく伝えることをブランディングといいます。

大企業では当たり前のようにブランディングデザインが行われていますが、これからの時代は個人事業主もブランドコンセプト(戦略)やコンテンツ(商品やサービス)、コミュニケーション部分(Webサイトや広告など)すべて含めて、一貫性をもち、あなたの個性が発揮される世界観を伝えていくことが必要な時代となります。

「商品はとても良いものなのに、自分の商品が売れない」
「自分の仕事、商品やサービスの方向性に迷っている」
「自分らしさ、自分にしかないもので、人々の役にたちたい」
「自分にどういった強みや価値があるかわからず、自分に自信がない」

などお困りの方、興味のある方は是非ページをご覧になってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる