【セミナー開催のお知らせ】3月3日(日)認知症改善についてのセミナーを開催いたします詳細をみる

外側に惑わされず、自分のカラダと対話する

皆さん、こんにちは。
こころとカラダのセラピスト/認知症リハビリテーション専門士のアンザイ ヒカルです。

今回の記事は自分の今年の振り返りも兼ねましてブログを書いていきます。

皆さんは、こころもカラダも健康に生きていきたいですか?

この記事を読んでくれているということは、少しくらいは『こころ』と『カラダ』に興味を持ってくれているのだろうと思います。

わたしに出会ってから健康意識が出てきた人、

何かしら体調不良や病気になってしまい健康意識が初めて芽生えた人、

今までも健康には気をつけていたけど、より一層気をつけていこうと取り組みを始めた人、

様々な人たちがいるだろうと思います。


これから自身がこころもカラダも健康になるために何かを取り組みたいと思う方々へ伝えたいことは

外側に惑わされず、自分のカラダ(内側)と対話する

それを徹底してほしいと思います。

世の中に正しい食事法なんてものはありません。

世の中で言われているカラダに良いものが、あなたとって良いものかわかりません。

今のあなたの状態によって必要な食事法は変わってきます。

今のあなたの状態によって必要なものは変わってきます。

今のあなたの状態によって考え方は変わってきます。

ポイントは『今のあなた』です。

自分のカラダと対話をしながら
今のあなたに必要なものを必要な分だけ摂取するのが正解です。

あなたが意識しなければいけないのは

  • 自分のカラダにとって不要な毒はなるべく摂取しないこと
  • 自分のカラダにとって必要な栄養を摂取すること
  • 自分のカラダを解毒できるカラダにしていくこと

それだけです。

少しずつでいいんです。
一気にやろうとしなくていい。

取り組むときは過去の自分と比べる

わたしも他者に対してこころとカラダのアドバイスをしていますが、自分だって出来ていないことがいっぱいあります。

でもその出来ないことを出来るようにしている経験があるからお客様へアドバイスができるし、「何を食べているか」は大事ではあるのですが、それ以上に「どんな気持ち(こころ)で食べているか」の方が大切だったりします。

だからそんな状態もOKにしています🙆‍♀️✨

こういった自己受容もこころとカラダの健康に大いに関係あります。

完璧主義者ほど一気に変えようとしたり、出来ていない自分に対して自分責めをしたりしがちです。

そんなときは、1週間前の自分や1年前の自分、過去の自分と比べて考えてください。

例えば、わたしは

  • 毎日飲んでいたコーヒー牛乳を飲まなくなった(カフェラテ等の商品自体買わなくなり、家でも牛乳と微糖ペットボトルコーヒーを飲まなくなりました)
  • 出先でミルクポーション使うことをやめることができた(スティック砂糖は1本まで、シロップはできるだけ使わないが使ってしまうこともある)
  • 家でコーヒーを飲むときは砂糖は1杯まで(週1、2回)
  • やむなく砂糖を使うこともあるので、自宅の砂糖はカラダによいものを用意する
  • 2日に1回はパンを食べていたが、今は1週間に1、2回ほど。パスタも回数が減った。
  • たまに飲んでいた清涼飲料水も今では一切飲まなくなった。
  • できるできないは関係なく、食事に対して常に意識が持てるようになった。
  • 生理用ナプキンやシャンプー、歯磨き粉など変更し、経皮毒が減った。

などなど、他にも解毒できるようなカラダつくりのための細かいことは書きませんが

1年前のわたしと比べて今の自分はこれだけ出来るようになりました。

特に砂糖や小麦粉は依存性が高く中毒になりやすいのです。

一年前、私も小麦粉を一気に抜くことをやって5kg痩せましたが、気が抜けて反動で食べたのをきっかけに2kg戻ってしまいました(笑)

今は自分に合ったやり方で少しずつ抜く方向で動いています(最近になってまた体重が減少方向になりつつある)一気に抜ける人はそれでいいですけど、基本はコツコツが大事だと思います。

一番大切なのは『継続できるかどうか』

自分のペースで、自分に合ったやり方で継続できるように考えていきましょう!

わたしも来年からさらに出来ることを進めていきたいと思います😊
皆さんと一緒に頑張っていけたらいいなと思っています。

では、よいお年をお迎えください♪

お知らせ

こころとカラダが整う情報を配信しています。
また定期的に本当にカラダによいものをご紹介しています。

興味ある方は是非ご登録ください😊

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次