周りを冷静に見渡している女豹と高野山での手放し

今日は月一のエサレンでした。
今回は調子がよくて、一本芯が通っていてグラウンディングもしっかり出来ているようです。

施術内容についてはいつも同じなので書きませんが、今回はスピリチュアル的な現象は何一つ起こらなかったものの、色々サポートが入っているようです。ありがたや。

目次

今回言われたことの簡単なまとめ

とりあえずセラピストさんに言われたことだけメモで書いておきます。

①周りを冷静に見渡している女豹がついている

しかも最近購入したポシェットで行ったのですがそれが【豹柄】でセラピストさんと「おぉぉー」ってなりました(笑)以前は白虎がついていましたが、どうやら猫科に好かれるらしい。

そういや、昨日は背中に虎が入ったカーディガン着てたなと思い出しましたw

下記の記事、リンクする際に確認してみたらこの時もお遍路が終わってすぐのエサレンだったんですね。
巡礼終えると猫科のご眷属がついてくれるのか!?(笑)そういう共通点を見つけるのも面白い。

②高野山にはいらないものを置いてきた

先日高野山で満願成就してきたのですが、高野山では何かを得たのではなく、いらないものを置いてきたっぽいです。手放しってことですね。

寺は「陰」担当ですから、やっぱり手放しなんでしょうか。

物質的なものじゃなくて、多分いらない想念・価値観を置いてきたのでしょうが、高野山旅行中に手放したものは全く身に覚えなし(笑)

ただ、最近ある考えが薄くなりかけているなぁというのはありました。それによって自分の愛がより高次の愛に近づいていってるなぁという感覚はあったのです。高野山から帰ってきたら、それが強まっていたことは確か。

もしかしたら、そのことかもしれないなと思ったりします。

③笑顔の弁天様が見える

ニコニコ笑顔の弁天様が視えたそうで「今収入上がっているかor近々お金が入ってくるかも」とのこと。
個人の収入は現在母のこともあって仕事が自由にできない状態でぶっちゃけ仕事してないに等しい(汗)
だから、収入も少し落ち気味ですが、ただ法人のほうは第2期目はすでに第1期目の倍の売上なんですよね。

それに個人の収入が減っている状態で、プラス母のことでお金がかかっているのですがマイナスにはならず生活できているという。ホント、護られています✨

この状況を考えると前者も該当するし、もし後者があったら嬉しいな〜😃

セラピストさんにそれらの話をしたら「今は一旦出している状態で、スペース空けて入ってくるかも」とのこと。

そうそう、高野山から帰ってきてから何気に各方面で自分の浄化が進んでいます。
生活習慣がまるがわりした感があり、高野山でトドメを刺されたというか。

物質的にも衣替えの季節だし、靴とか色々捨てたいなぁと考えていたので
引き続き高野山のパワーを借りていらない物はどんどん手放してスペースを作っていこうと思います。

④前回調子が悪かったのは他者のエネルギーが入っていたからかも

邪気!?かどうかはわからないけれど、ちょうど前回のエサレンでは色々ドタバタありましたので心に余裕がなく、今回はその生活にも慣れてきて余裕が生まれたことにより自分でシールドを張ることができているのかもしれません。

ま、調子が戻ったので過去のことはどうでもいいのですが(笑)

それにしても上記の関連記事を読んでいると本当にそのようになっていってるのがすごい。

「上にいくことを周りの人に見せていく人」

そうセラピストさんに言われました。
「どこまで高次元にいけるのか」その姿を見せることで周りの人を引っ張っていく役割だということです。

最近も魂の段階が上がった、成長したなって感じます。
魂の成長具合って自分でわかるんですよ。魂が成長すると。

この役目はわたしにしか出来ないものだって思ってるから(そういう存在はそうそういるものではない)
わたしらしく突っ走っていくつもりです♪

たぶん見ていて楽しいと思うので、皆さん暖かく見守ってやってください(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる